行政への働きかけ

第4次福岡市障がい福祉計画に対するパブリックコメントに5団体連盟で提出しました

募集の締め切りが11月14日でした。
今回、下記5団体に呼びかけ、連名で提出しました。

【連名団体】
●福岡チャレンジドネットワーク
●福岡県肢体不自由児者福祉連合会
●日本ダウン症協会福岡支部
●福岡市自閉症協会
●障がい者より良い暮らしネット
福岡市手をつなぐ育成会保護者会は、他にも意見があるため個別に提出されましたが、その内容に、この連名で行った内容も含まれているということで、福岡市の主な障がい当事者団体が名を連ねたことで、改善につながることを強く期待します。

【意見の内容】
1.移動支援の利用目的制限の改善
2.グループホーム利用者の移動支援支給
3.施設入所者およびグループホーム利用者の一時帰宅時の居宅介護等の支給
4.重度障がい者の入院中のヘルパー利用の改善拡充
5.通院介助の介護給付

2014_11_14パブコメ5団体連名

 

2011年12月8日 福岡市障がい保健福祉計画(案)に関する説明会 参加

計画(案)では目標像として
「障害のある人とない人が等しく地域の中で自立し、社会の一員として共に生きる社会」
と掲げてある。
しかし、数値目標は明確にされていない。
国の予算も決まらない現時点では、数字を公表することは不可能だという。

どこまで施策が進むのか・・・疑問符だけが残る説明会であった。

 

2010年11月18日 福岡市障がい者プラン作成のための意見交換に参加

 

2010年9月17日 福岡市保健福祉局障がい者との話し合い