第2回福岡県肢連フォーラム「脱・家族介護を考える ~福岡の現状と課題~ 」を開催しました

家族は高齢化し、家族介護の限界が見え始めています。
24時間医療的ケアが必要な人たちの介護もまた家族に重い負担がかかっています。障がいのある人と家族が安心して託せる暮らしの場の在り方と方法を探りました。

●日時:2014年3月8日(土)13:00~16:30
●会場:あいあいセンター7階大研修室(福岡市立心身障がい者福祉センター)        (福岡市中央区長浜1-2-8)
●定員:先着120名
●参加費:無料
●内容:■基調講演「(障がい者)療護介護事業所ひなた家の取り組みと展望」
社会福祉法人 絆の会・療護介護事業所ひなた家 理事長 中川 昇 氏
■家族からの報告
■県会議員の立場から「行政として取り組むべき課題と展望」
福岡県議会議員 大塚 勝利 氏

 

20140308_福岡県肢連チラシ_決定稿_ページ_1 20140308_福岡県肢連チラシ_決定稿_ページ_2